投資と言う言葉から想定されるのはどうしても金融商品になってくると思います。しかしながら、今は投資対象が数多く広がっていることもありますので、初心者にとっては違った投資、そして違ったキックバックを求めていくことも重要ではないでしょうか。

そこでお勧めしたいのはクラウドファンディングのような投資方法です。 

上場したい企業だけではなく、自分自身の事業を応援してもらいたい、自治体の応援してほしいと様々な方々が投資を募る形になっています。

実際にはこうしたクラウドファウンディングに関しては、一般企業をはじめ、飲食店、個人事業主、場合によっては学生、自治体などさまざままな投資を募りたい方々が集まってきます。

ではどのような考え方によってこのクラウドファウンディングが成り立つのか?これが重要です。

投資を募る主体者は資金を求めるわけではありません。あくまでも自らの活動に対していかに賛同、支援してもらえるのかに重点をおいています。 だからこそ、クラウドファウンディングを通じて支援いただいた投資家に対してのキックバックについては現金ではなく、事業の成果物である、商品やサービスになってきます。

これがいかに魅力的かどうかにより、投資案件としての価値も大きく変わってきます。 実際にクラウドファウンディングの事業者については複数成立しており、こうした事業者を選ぶことも事業主体者、さらには投資家にも大きな影響があります。 まず、投資する側にとり、いかに多くの事業を展開しているか見極めることが重要です。

選択肢が多ければ、多いほどその魅力は増します。また、通常金融商品よりもそのリスクが低いだけに、複数の投資を分散させてでも多く投資したいという考え方も生まれてきます。 金融商品と異なり、応援したいかどうかという選択肢がありますのでいかにクラウドにうまく表現できるがそのプラットフォームについてもいろいろ可能性があるはずです。

投資する側にとり、より魅力的であればあるほど投資意欲をかきたてることになりますので。

これからの時代、なにに対して投資していくのかなどどんどんかわっていくはずです。 こうしたトレンドを見極めて、見返りとも言える配当がお金ではなく、現物支給であってもうまくとりいれていくことが重要なのです。

投資を始めるにあたり、こうしたクラウドファウンディングをベースにしていけば、必ず興味を抱くことにもなりますし、プラスになります。