副業をしたいと思っているけれど、どのような副業を始めていいかまるで分らないという人がいるかもしれません。
一般的なアルバイトを始めたいと思っている人は、アルバイトサイトなどを利用して、希望するバイト代などを入力して検索してみてはいかがでしょうか。
一方で、ネットを使って自宅で仕事をしたいと思っている人に対しては、「ネットショップ」という副業を紹介します。

ネットショップは、ECサイトのことを指し、インターネットショッピングに対応したお店を出すことを言います。
インターネット空間に架空のお店を出し、ネットを通じて注文を受けます。ただし、実店舗と同じように、自分で商品を用意する必要があります。また注文を受けたら商品を梱包して発送する必要があります。
もちろん専門の業者に委託することもできますが、副業として始める初期の段階では、利益が出るかどうかわからないため、自分で行う人が大半です。

ネットショップが副業としておすすめなのは、「楽しい」という点にあります。なにしろ、自分のお店を持てるのですから、ほとんどの人にとって夢がかなうようなワクワク感があるのではないでしょうか。
自分が好きな商品を集めて販売する、自分色のお店を持つことは、本業を超えるような楽しさを与えてくれるかもしれません。

仮に自分で何かを作る趣味を持っているなら、その商品を販売するネットショップを作ることができます。
例えば、手芸を趣味にしているなら、その手芸品を販売できないかどうか考えてみましょう。オリジナルの商品なら、他のネットショップと競争にならないため、安定した収入を得られるかもしれません。

ネットショップのデメリットとして、一度仕入れた商品は、売り切らないと在庫になるという点があります。
先ほどのオリジナル商品の場合なら、受注生産でもいいかもしれません。
しかし、他のメーカーや企業から商品を仕入れて販売する場合は、在庫という問題が発生します。売り切れる自信があるものを仕入れることも大切な作業になります。

また売れ行きが良くなると、商品の梱包作業や発送作業が増えて、かなりの時間と労力が必要になるかもしれません。
いざというときに手伝ってくれる、信頼できる友達や家族がいるといいかもしれません。

ネットショップを副業として継続するためには、本業とのバランスが重要になってきます。あまりにも売り上げがいい時は、独立も視野に入れたほうがいいかもしれません。